NEWS

ALL

INFORMATION 『劇場版 ほんとうにあった怖い話2018』に三戸なつめが出演します。

大ヒットオムニバスホラー『ほんとうにあった怖い話』シリーズの最新作

『劇場版 ほんとうにあった怖い話2018』に三戸なつめが出演します。



 

2018年9月8日(土)より、シネ・リーブル池袋にて公開決定。

公開初日には、出演者、監督による舞台挨拶を行います。


「劇場版ほんとうにあった怖い話2018」

<舞台挨拶概要>

■日時 9月8日(土) レイトショー ※時間は決定次第、 シネ・リーブル池袋HP上で発表します

■場所 シネ・リーブル 池袋

■登壇者

KANEDA監督、細沼監督、大和田南那、村田寛奈(9nine) 、杉本愛莉鈴、ルウト、三戸なつめ、宮本行


<スタッフ・キャスト>

監督・脚本:KANEDA(「音楽」、「殺人者」)、細沼孝之(「孤独な女」) 

出演:杉本愛莉鈴、ルウト /大和田南那、阪上仁美、小池ありさ、村田寛奈(9nine) 、木下朝実/三戸なつめ、宮本行、川島あすな、渡瀬うみな 

製作:NSW/コピーライツファクトリー 配給:NSW  2018年/カラー/ 66分 /(C)NSW/コピーライツファクトリー 

 

<あらすじ>

◆第1話『音楽』   杉本愛莉鈴、ルウト

 

投稿者 川崎凛(仮名)

都内の大学に進学して、一人暮らしにも慣れてきたころの話です。 当時、私の隣の部屋の住人は、週末の夜になると恋人が訪ねてきて、

いつも同じ音楽を流していました。 最初は近所迷惑だなと思ったりもしたのですが、週に一度の大切な時間のような気がして、なんだか微笑ましく思ったりもしていました。

その夜は、とても疲れていたこともあり、部屋に入るなりすぐにベッドに倒れこんでしまい、隣の部屋から漏れ聞こえてくる音楽もどこか心地よく感じられ、そのまま眠ってしまったのです。 

深夜に目覚め、時計を見ると3時になっていました。音楽は変わらず聞こえていました。こんな時間までこの音量で音楽が流れていることはありませんでした。 

隣の恋人たちは、いつもの音楽をかけながら心中していました。男性は包丁で刺し殺され、女性は自ら首をくくっていたのです…

 

◆第2話『孤独な女』  大和田南那、阪上仁美、小池ありさ、村田寛奈(9nine)

 

投稿者 稲城沙希(仮名)

彼女の存在に気が付いたのは、大学に入学して数か月が過ぎ、大体いつも一緒に過ごすグループ、というのがだんだんでき始めた頃でした。

講義室の後ろの隅に一人で居る彼女は、どこか浮いていて、孤立していたのは誰が見ても明らかでした。 一方私は、入学間もない頃に声をかけてくれた加奈と、

その友達だった真理恵、歩美たちと一緒にいることが多く、そこは特に居心地が悪いわけではなかったのですが、うまく溶け込めていない自分に違和感が拭いきれず、

彼女になんとなくシンパシーを感じていたのかもしれません。 そんなある日の帰り道、途中にある踏切で佇む彼女に声をかけたのです…。

 

◆第3話『殺人者』  三戸なつめ、宮本行、川島あすな、渡瀬うみな

 

投稿者 須永綾子(仮名) 

出来ることならそっと胸の奥にしまっておきたい記憶です。二度と、思い出したくない記憶です。でも、忘れることは出来ません…

あれは、私の父が亡くなった年の夏のことでした。 妹が結婚して家を出てからは、父と母が二人きりで住んでいた古い家を手放すことになり、

その日は、夫の真吾と実家へ荷物整理をしに帰っていたのです。 夫は、家の中に誰かがいる、というのです… はじめは冗談かと思っていたのですが、

帰りの車内でもまだ夫は、女の子がいる、と。 もしかすると、私に何か原因があるのだろうか…。 実は、一つだけ、思い当たる節があったのです…